ちくま未来戦略サロン vol.20 カードゲームで学ぶ SDGs

近年 ニュースや新聞などでもよく 話題となる 「 SDGs 」
SDGs とは、 Sustainable Development Goals (持続可能な開発目標)の略称です。
2015 年 9 月の国連サミットで採択され、 2030 年に向けて多くの国で様々な取り組みが始められています。
日本でも官公庁や企業が SDGs を意識した事業に取り組んでいて、 企業をはじめ学校関係においても、 今後SDGs を実践することが当たり前になる時代がくるといわれています。
その SDGs をみんなで一緒に考え、学び、楽しめる 「 SDGs de 地方創生 カードゲームで学ぶ SDGs 」を初開催の千曲市で体験してみませんか?

ファシリテーター:小林達矢氏(長野県NPO センター事務局次長)

日時:2021 年 3 月 14 日( 日 )13:00 ~16 :00

場所:ちくま未来ステーション (千曲市桜堂 521 屋代西沢書店 2 階)
参加費:一人 2, 000 円 (学生 5 00 円 学生証提示 25 歳以下)
定員:20 名 (定員を超えるお申込み場合は、場所の変更を考慮します
対象:SDGs に興味がある方
SDGs をこれから勉強したい人・すでに学び始めている方
企業、団体、学校、行政、自治体などで活用したいと考える方
とにかく流行りにのりたい方など


 

【講師 プロフィール】長野県長野市出身。日本大学法学部卒業。
学生時代に、まちづくりや地域課題の研究に取り組む中で地域経営のあり方に疑問を抱き 、パナソニックの創業者・松下幸之助氏によって設立された 松下政経塾 へ入塾。人口減少時代における自治体経営について研究を行う。卒塾後の現在は、長野県NPOセンターの事務局次長として、国連が提唱している持続可能な開発目標( SDGsを広めるために、「 SDGs de 地方創生」公認ファシリテーターとしてワークショップを企画し、県内の企業・教育機関向けに実施。 第
四次松本市環境基本計画策定専門部会委員も務める。 地域の視点から将来世代が生きがいを感じられる国のかたちを提案するための活動に取り組んでいる。

※新型コロナウィルス感染拡大の影響により、日程等変更の場 合がございます。また、参加者はマスク着用などの感染症予防の対策にご協力お願いします。

主催   一般社団法人  ちくま未来戦略研究機構
共催  NPO法人   ITサポート銀のかささぎ
後援   千曲市、千曲商工会議所、戸倉上山田商工会


お申込み

    区分:


    FAXはこちらにご記入の上お送りください。